STUDIO ONE / COXSONE

STARS ON PARADE

VARIOUS ARTISTS
LP: 2,800 JPY
CD: 2,200 JPY

THE FIRST ALBUM FROM COXSONE DODD / STUDIO ONE IN 1961

 

Many collectors had thought Coxsone’s first LP was “All Star Top Hits”, but this “Stars On Parade” is the real owner of that honor.

The original pressing was quite few and most copies disappeared.

Extremely rare in Jamaican musical history and have highly historical value as the distinguished Studio One’s first album.

You can enjoy the big shot of Clancy Eccles “Freedom” and other shuffle boogie tunes in the earliest Ska era.

Very important work as the origin of not only Studio One, but all time Jamaican music from ska, rocksteady, reggae to dancehall.

The liner notes by Brian Keyo include many fist information which reveals the background of Jamaican music scene at that time.

2009年まで世に知られることのなかったコクソン・ドッド/スタジオ・ワン、幻のファースト・アルバム(1961年発表)。当時のプレス枚数も少なく、現存するディスクはほとんど存在しない。ジャマイカ音楽史の中でも究極的にレアかつ、名門スタジオ・ワン初の作品という歴史的価値の非常に高いアルバムである。

クランシー・エクルズの代表曲「フリーダム」をはじめ、スカ最初期のシャッフルを堪能できる一枚。スタジオ・ワンのみならず、レゲエ・ダンスホールへと繋がるジャマイカ音楽の原点といえる重要な作品。ブライアン・キーヨによるライナー・ノーツは、初出の情報が多く、当時の音楽シーンの背景をうかがえる秀逸な記事となっている。

LINER NOTES BY BRIAN KEYO

    This compilation was the very first Clement Dodd conceived of and sequenced.  It’s assembled from songs recorded in 1960, likely ’61 and perhaps 1959, if Clancy Eccles account of recording “Freedom” is accurate.  

    The musical backing is diverse.  Although most songs can be credited to Hersan or Hersang And His City Slickers, a couple are to Clue J And His Blues Blasters and one to Aubrey Adams & His Dew Droppers.  Caribs members from Australia and Roland Alphonso & The Alley Cats or City Slickers were responsible for music here also, although they were not credited on 45 issues, or the songs were exclusive to this set.

    This album came to most folks attention, even Studio 1 discographer Rob Chapman’s, when it was auctioned in 2009.  The title was questioned as there wasn’t one on the Coxsone (Shield) label issue and the other two pressings had plain paper labels with no credits.  Also, all three pressings were issued in plain jackets according to former Tropical and Federal pressman, and arranger of Federal’s Merritone label, Keith Scott.

“No jacket was ever made for this Album.  It was titled All Stars.  It was on the Coxsone label, orange and yellow.  It came out in a blank jacket.  It was in mid to late 1960, while All Star Top Hits was 1961.  There were three pressings and I know it was 300 at first, 500 at second and 1000 for the third pressing.”  “Mid to late 1960” is difficult to confirm and that’s a lot of pressings that disappeared but the LP was not promoted like the talent and stage shows Mr. Dodd produced in 1960 and 1961. 

このコンピレーションは、クレメント・ドッドによる初の作品である。クランシー・エクルズの証言があっているとしたら、1960年(61年、59年も含まれるかもしれない)に録音された曲が集めらたことになる。

    バックバンドは、ハーサン&ヒズ・シティー・スリッカーズが主軸で、クルーJ & ヒズ・ブルーズ・ブラスターズ名義で数曲、オーブレイ・アダムズ&ヒズ・デュー・ドロッパーズで1曲となっている。オーストラリア出身のカリブズのメンバーや、ローランド・アルフォンソ&ジ・アレイ・キャッツまたはシティー・スリッカーズも関わっている(7インチではクレジット表記されていない、あるいはこのアルバムにのみ収録)。

  このアルバムの存在が世に知られたのは、オークションに出品された2009年。一般的にはもちろん、スタジオワンのディスコグラフィーをまとめているロブ・チャップマンでさえ、この時にはじめて知ったという貴重な作品である。あるプレスはコクソン・レーベルのみ、ほか2回のプレスはブランクであったためアルバム・タイトルは不明である。3回のプレスともに、トロピカルとフェデラルの工場で白のプレーン・スリーブに入れられ、その作業には同フェデラルのレーベル「メリトーン」のアレンジャーであったキース・スコットも携わっていた。

  「このアルバムにはジャケットがなかった。『オール・スターズ』というタイトルで、オレンジと黄色のコクソン・レーベル。ブランクのスリーブに入れて出荷した。『オール・スター・トップ・ヒッツ』が1961年、これは1960年の半ばか後半だ。3回プレスされ、初回は300枚、セカンドプレスが500枚、サードプレスが1000枚だった。」レコードのほとんどが紛失し、1960年、61年にドッド氏がプロデュースしたタレントやステージ・ショウのようには宣伝されなかったため、1960年の半ばか後半か、を特定するのは難しい。

Full liner notes are enclosed in LP, CD & Digital Album Pack

全文はLP, CD, デジタル・アルバム・パックに封入されています

D&B LOGO.png

OUR SHOP

DRUM & BASS RECORDS

www.drumandbass-rec.com

1-7-30-5F SAKURAGAWA NANIWA-KU

OSAKA,556-0022, JAPAN
OPEN 1:00PM - 10:00PM
PHONE 06-6575-9464

© 2020 by Rocka Shacka LLLC.