STUDIO ONE / COXSONE

THIS IS JAMAICA SKA

PRESENTING THE SKA-TALITES

VARIOUS ARTISTS
LP: 2,800 JPY
CD: 2,200 JPY

  This is the iconic Ska compilation from Coxsone / Studio One including top tunes like The Wailer’s “Simmer Down” “How Many times (Do You Remember)” and Jackie Opel’s “Push Wood” “Sit Down Servant”released in 1964 - 65, when Ska was at its zenith.

  Andy & Joey’s evergreen “You’re Wondering Now” has been famously covered by The Specials and the late Amy Winehouse.  “Wonder No More” was an earnest follow-up. The cover of Willie Mitchell’s “20-75” is replaced by brushed up  7 inch version. Don Drummond’s “Heaven & Erth” has been mis credited on original LP & reissues as “Roll On Sweet Don” but this is the right title.

  CD includes 4 rare ska  from Blue Beats, Gaylads & Skatalites recorded in the same period as bonus tracks.

ウェイラーズ「SIMMER DOWN」「HOW MANY TIMIES (DO YOU REMEMBER)」、ジャッキー・オペル「PUSH WOOD」「SIT DOWN SERVANT」等、1964〜65年、スカ黄金期のトップチューンを収録した、コクソン/スタジオ・ワンを代表するスカ・コンピレーション。

  アンディー&ジョーイ「WONDER NO MORE」は、スペシャルズやエイミー・ワインハウスがカバーした永遠のスカ・クラシック「YOU’RE WONDERING NOW」の続編。WILLIE MITCHELのカバー「20-75」は、オリジナルのLPバージョンから、より完成度の高い7インチ・バージョンへ差し替えている。ドン・ドラモンド「HEAVEN & EARTH」は、オリジナルLP、再発ともに「ROLL ON SWEET DON」とミス・クレジットされたいたが、こちらが正式タイトルである。

  CDには、同時期の録音である、ブルー・ビーツ、ゲイラッズ、スカタライツのレア・スカを4曲追加。

45s Also

Aveilable

RSCS7-001A.jpg

LINER NOTES BY BRIAN KEYO

    This Is Jamaica Ska Presenting The Ska-Talites was released in 1964, if the evidence below is borne out, when Ska was at its zenith.

    Producer and hit maker Clement Seymour Dodd was riding high on the strength of The Ska-talites and he was promoting the band with zeal.  The inclusion of The Ska-talites in the album title was deliberate but nearly incidental as the band dominated the recording and the concert scene in Jamaica during 1964 and ’65.  Their ubiquitous presence in studios and on stage, and their musical prowess, are well represented by these recordings.

    The first 12 were hits and compiled and likely sequenced by Mr. Dodd.  The bonus tracks are included here, on CD only, for the first time. The cuts range from the biggest of Ska smashes, “Simmer Down” by the famous Wailers, to one off’s such as “Change Your Gear” by the super obscure Blue Beats.

    Most discographies, especially the venerable publication Downbeat Special, established by Rob Chapman, and its web counterpart, http://downbeat-special.co.uk, list This Is Jamaica Ska as a 1965 release.  I’m going to crawl out on a limb and suggest that it may have dropped in 1964.  Wailers discographers Roger Steffens, Leroy Jodie Pierson and Werner Kajnath maintain that The Wailers first session at Studio One with The Skatalites took place on July 6, 1964 and that “Simmer Down” was recorded that day.  The original, uncredited annotation to the LP maintains that “This inimitable group [The Wailers] has been on the scene on record less than three months, . . . “  I could easily be putting too much stock in the latter account but if correct, the album was issued in October, 1964.

    The praise lavished on..... 

 このアルバム『This Is Jamaica Ska Presenting The Ska-Talites』は、以下に述べる考察が正しいとすれば、スカ絶頂期の1964年にリリースされたことになる。

  プロデューサー、ヒット・メイカーのクレメント・シーモア・ドッドは、スカタライツの実力をもって成功を収めつつあり、情熱を込めてこのバンドを売り出していった。1964~65年にジャマイカで行われたレコーディングとコンサートは、スカタライツの独壇場で、このアルバム・タイトルはそれを象徴している。スタジオとステージでの存在感とその技量は、ここに収められた楽曲が証明している。

  1曲目から12曲目までは当時のヒット曲で、ドッド氏により選曲された。今回のCDにはボーナストラックが初めて追加され、スカ史上最大のヒット曲であるウェイラーズの「シマー・ダウン」から、一発屋のブルー・ビーツによる「チェインジ・ユア・ギア」まで幅広くカバーする内容となった。

  ロブ・チャップマンによるウェブ・サイト「ダウンビート・スペシャル」をはじめ、ほとんどのディスコグラフィーでは、このアルバムは1965年のリリースとされているが、筆者は1964年ではないかと考えている。ウェイラーズのディスコグラファーであるロジャー・ステフェンズ、リロイ・ジョディー・ピアソン、ワーナー・カジナスによれば、ウェイラーズとスカタライツのスタジオ・ワンでの最初のセッションは1964年7月6日であり、「シマー・ダウン」もその日の録音とされている。オリジナルのLPに掲載されたライナー・ノーツには「この類い希な才能をもつグループ、ウェイラーズは、レコーディングからわずか3ヶ月しか経っていない・・・」と記されている。これをそのまま信じるわけではないが、もし正確な情報だとすれば、このアルバムは1964年の10月のリリースということになる。 

  同ライナー・ノーツの

カタライツに対する惜しみない讃辞は、56年後の今日、正鵠を射ていたことが証明された。「もし、これに少しでも疑問を持つものがあるとすれば、『スカ・オーセンティック』のVOL.1と2が、その疑いを晴らすであろう。スカタライツは、世界がこれまでに眼にし、耳にした最高のスカ・バンドだからだ」。

  「シマー・ダウン」は、スカ・クラシックであり、ウェイラーズの代表曲である「ワン・ラブ」とならぶ最高峰である。歌詞は、ことわざの「Chicken merry」と「What sweet nanny goat a go run him belly」*を引用しているが、この手法はこのアルバムのほかの曲でも散見される。(*訳者注:空から鷹に狙われてるのに気づかず、ニワトリは陽気にはしゃいでいる。山羊は病気になるまで草を食べるのをやめない。というジャマイカのことわざ。傍若無人なルードボーイたちへの警告として引用されている)

Full liner notes are enclosed in LP, CD & Digital Album Pack

全文はLP, CD, デジタル・アルバム・パックに封入されています

D&B LOGO.png

OUR SHOP

DRUM & BASS RECORDS

www.drumandbass-rec.com

1-7-30-5F SAKURAGAWA NANIWA-KU

OSAKA,556-0022, JAPAN
OPEN 1:00PM - 10:00PM
PHONE 06-6575-9464

© 2020 by Rocka Shacka LLLC.